imuge.ba3-.gif

​イベントこんなに盛り上がりました!

​イベントは終了しましたが、当日の記録を掲載

seifukuHP.jpg

請福酒造 有限会社

taragawaHP.jpg

株式会社 多良川

kumejimakumesenHP.jpg

​久米島の久米仙

pixta_17888211_XL_edited.jpg

沖縄県工業技術センター

大正・昭和・平成を経て

一世紀ぶりに蘇る琉球スピリッツ

琉球庶民が愛した幻の自家製芋酒

IMUGE.目指すところ

​泡盛と並ぶ「第二の地酒」として、沖縄のみなさまに、そして全国の酒好きのみなさまに愛され支持していただけるIMUGE.をめざします。

 

IMUGE.によって、地元の第一次産業の、さらに第二次産業の、ひいては地元経済全体の活性化に貢献します。

IMUGE.今後の取り組み

IMUGE.の原材料の甘藷と黒糖を沖縄県産に限定。酒造用沖縄県産甘藷の増産のため、品種改良や作付け面積拡大に取り組んでいきます。沖縄県産黒糖の使用拡大にも取り組んでいきます。

 

  IMUGE.生産拡大のための技術提供及び技術交流を進め、品質向上に向けて研究開発を進めます。

 

IMUGE.は「麹」「甘藷」「黒糖」の3要素を変化させることにより、香りや味わいのバリエーションが無限に広がるお酒です。将来的には各島の酒造所ごとに個性あるIMUGE.を製造し、消費者の多様な嗜好に応えていきます。

IMUGE.開発の経緯

イムゲーの復活を目指し、平成28年度より請福酒造(有)、(株)多良川、(株)久米島の久米仙の泡盛酒造所3社と沖縄県工業技術センターが共同研究を開始。平成30年4月に国税庁よりスピリッツ類としての製造免許を取得。

IMUGE.開発メンバー

請福酒造有限会社 

代表取締役社長 漢那憲隆

沖縄県石垣市宮良959

 

株式会社多良川 

代表取締役社長 砂川拓也

専務取締役 砂川英之

沖縄県宮古島市城辺字砂川85

 

株式会社久米島の久米仙

代表取締役社長 島袋正也

沖縄県島尻郡久米島町字宇江城2157

 

沖縄県工業技術センター 豊川哲也