4社のイムゲーボトル.png

​IMUGE.の美味しい飲み方

それぞれの地域の原材料を使って作られる沖縄のIMUGE.(イムゲー)は、

おなじIMUGE.(イムゲー)でも、沖縄本島、久米島、宮古島、石垣島と地域ごとに個性豊かな味わいを持つお酒です。

861808.png
861808.png
IMUGE.ストレート

『ストレート』で
​愉しんでいただきたい!

イムゲーの本来の香りや旨味をじっくりじっくり愉しむなら「ストレート」。常温で呑む、冷蔵庫で冷やして呑む、温度によって、口当たりや風味の違いをお愉しみいただけます。

861808.png
861808.png
ロック.png

『ロック』は、グラスに大きめの氷を入れてから

グラスに大きめの氷を入れ、イムゲーをゆっくりと注ぎます。氷が溶けるごとに変化する味わいや香りを時間をかけて愉しむのにおすすめです。

861808.png
861808.png
水割り.png

『水割り』は水がアト
IMUGE.はサキ

氷を入れて冷やしたグラスにイムゲーを注ぎ最後に水を注ぎ入れます。

イムゲーと氷、水の割合によって食前酒としても、食中酒としてもおすすめなのが「水割り」です。

861808.png
861808.png
お湯割.png

『お湯割』はお湯がサキ
IMUGE.はアト

お湯を入れてグラス全体をあたためたところに常温のイムゲーを注ぎ、お好みの温度と濃さでお楽しみください。お湯で加熱することでイムゲーならではの香りと風味が引き立ちます。

久米島の久米仙ホームページ今帰仁酒造のホームページでイムゲーの美味しい飲み方として「お湯割」を紹介しています。

861808.png
861808.png
炭酸割り.png

すっきり軽やかに
定番の『炭酸割り』

グラスにたっぷりの氷を入れ、イムゲーを注ぎます。あらかじめ冷やしておいた炭酸を優しく注ぎ、軽く混ぜます。鼻を抜ける甘い香りと、シュワっと爽やかなのど越しが人気の味わい方です。

861808.png
861808.png
黒糖とかし.png

イムゲーだからこその
『黒糖とかし』

イムゲーの原料のひとつが黒糖、その黒糖由来の甘く香ばしい風味も大きな魅力のひとつです。水割りのグラスの中でゆっくり溶ける黒糖で移ろう幾通りもの味わいをお愉しみいただけます。

※多良川ホームページでイムゲーの美味しい飲み方として「黒糖とかし」を紹介しています。

861808.png
861808.png
モヒート.png

清涼感抜群の
『イムゲーモヒート』

ミントの葉とライムをグラスの中で香りがたつように潰し、氷、イムゲー、炭酸水の順に入れてよく混ぜます。スッキリとした喉越しと清涼感が魅力のロングカクテルを愉しみいただけます。

※多良川ホームページでイムゲーの美味しい飲み方として「モヒート」を紹介しています。

861808.png
861808.png
ZZZ.png

寝かせるだけで旨くなる!
『前割り』

九州・沖縄地方では、泡盛や焼酎を水で割って冷蔵庫で一晩から3日以上寝かせて味わう「前割り」という飲み方が昔から親しまれています。

 

「前割り」をすることで、水の分子がアルコール分子を包み込み、アルコールの刺激が抑えられ「水割り」と飲み比べると角がとれ、やさしくまろやかな味わいになります。

冷蔵庫で1晩~3日が目安のようですが、人によっては、そんなに待てないと数時間で飲んじゃう人や、いやいやじっくりと数日間寝かせるという人もいらっしゃるようですが、衛生上あまり寝かせすぎるのは注意したいところです。

 

水で割ったときのアルコール濃度は12%~13%を目安にお好みの濃さを探すのも愉しみのひとつです。

 

※久米島の久米仙ホームページでイムゲーの美味しい飲み方として「前割り」を紹介しています。