沖縄を代表する泡盛は、米の蒸留酒。 かたやIMUGE.は、甘藷の蒸留酒。 では、芋焼酎かといえば、さにあらず。

 

芋焼酎は、麹に水と酵母を加えて 発酵させる一次仕込み さらに甘藷を加えて発酵させる 二次仕込みでつくられますが IMUGE.は、二次仕込みの後 さらに黒糖(粒・粉)を加えて発酵させる 「三次仕込み」を行います。

 

そのことからIMUGE.は 酒税法上、焼酎ではなく 「スピリッツ」に分類されます。 かつて、甘藷のモロミの発酵を 促すために加えた黒糖ですが 「甘藷」「黒糖」という この原料の組み合わせは 現代のお酒ではほかに例がありません。 IMUGE.ならではの独特の味わいも この組み合わせによって生まれました。

 

で、その味わいとは…

 

口に含んだ瞬間、甘藷に由来する 柑橘の爽やかな香りと 果実・花のような華やかな風味を呈し 次に、鼻孔に泡盛の特徴的な バニラやカラメルのような 甘くて重厚な風味が来る。 飲み口は軽くキレがある。

seifukuHP.jpg

請福酒造 有限会社

taragawaHP.jpg

株式会社 多良川

kumejimakumesenHP.jpg

​久米島の久米仙

pixta_17888211_XL_edited.jpg

沖縄県工業技術センター