琉球新報にIMUGE.協議会発足の記事を掲載していただきました。

2022年2月2日

芋酒の品質向上・普及へ 酒造会社が「イムゲー協議会」

イモや黒糖を使った伝統蒸留酒「イムゲー(芋酒)」の質の向上や普及拡大に向けて、酒造会社でつくる「IMUGE.協議会」が1月26日に発足した。酒造会社5社が参加し、会長には請福酒造の寒鴉憲隆社長が就いた。 イムゲーは琉球王朝時代から庶民の酒として親しまれ、19世紀末には県内7500ヵ所(記事には7000ヵ所とありますが7500ヵ所)で造られていた。しかし、酒類の自家製造規制などで次第に姿を消したとされる。 同じイモを使った蒸留酒の芋焼酎は、麹に水と酵母を加えて発酵させた後に、イモを加えて発酵させる二次仕込みで造られる。イムゲーはさらに黒糖を加える三次仕込みで造られ、酒税法上の分類はスピリッツとなる。飲み始めに感じる黒糖の香りに加え、飲んだ後のイモの香りを併せ持つという。 請福酒造(石垣市)多良川(宮古島市)久米島の久米仙(久米島町)の3社が県工業技術センター(うるま市)とともに2015年から共同研究を開始し、18年に商品を発表した。協議会には、3社と今帰仁酒造(今帰仁村)比嘉酒造(読谷村)が参加し、イムゲーに使うイモや黒糖の研究、イムゲーの普及を目指したイベントの開催などを予定している。 趣旨書では「沖縄の悠久の歴史に埋もれ一度途絶えた酒類文化イムゲーが時代の6次化産業の核心となって、農業従事者と酒類製造業との紐帯となるべく、協議会を設立するに至った」としている。